東九条

2024年3月 京都市南区東九条にて

March 2024 at Higashi Kujo, Minami-ku, Kyoto

notitle | Black & White Slide Film | 2024

The area, known as “Tonk,” is known as a place where many Koreans living in Japan moved to live, either to work on large-scale development projects in the Kyoto area around 1920 or to support local industries.

「トンク」と呼ばれるこの地域は在日朝鮮人が多く住む場所として知られている。1920年ごろから京都近辺の大規模開発に従事するため、あるいは地場産業の担い手として移り住む人が多かったという。2024年現在では当時の面影を感じられる場所は少なくなってきている。

In recent years, development around Kyoto Station has been very active. The relocation of the Kyoto City University of Arts, the construction of high-brand hotels and the Team Lab Museum due to the growing demand for tourism, and other developments have transformed the landscape over the past few years. It appears that those who originally lived in this area have moved their residences elsewhere.

近年、京都駅周辺の開発が活発になっている。京都市立芸術大学の移転、観光需要の高まりによるハイブランドホテルやチームラボミュージアムの建設など、この数年で景色が一変してきている。元々この土地に住んでいた人たちは別の場所に住処を移したようだ。

I do not intend to question the merits of these series of development projects themselves. I believe that the city is in a state of flux and continues to change with the times. It is likely that the heat of Kyoto as a whole is shifting from north to south.

これら一連の開発事業自体の是非を問うつもりはない。街の様相は流動的で、時代に合わせて変化し続けるものだと思う。北から南へ、京都全体の熱が移動してきているのだろう。

March 24, 2012. I walked around the site and took photos. As I approached the riverside, I could still see the buildings and human activities that still retain the vestiges of those days. I wonder if there will be any relics or remains of Tonk’s history in the decades and centuries to come.

24年3月。現地を歩き撮影をしてきた。川沿いに近づくにつれて当時の面影を残す建物や人の営みがまだ確認できる。これから数十年、数百年先、トンクの歴史は何らか遺構や遺物として形を得て残るものはあるのだろうか。

On the other hand, the memory of a place does not always exist in a tangible form. It is something that is consciously passed on from person to person with the earnestness that it must not be allowed to cease. Such feelings may drift through the land and settle there as something invisible.

一方で、その土地の記憶というものは目に見える形を持ってそこにありつづけるものではない。途切れさせてはいけないという切実さによって意識的に人から人へ引き継がれるものだろう。そうした人の思いは不可視なものとしてその土地を漂流し、沈着しているのではないか。

Even if the city has been transformed and all connections to the past have been wiped away on the surface, the “memories and history of the land” are still there, though “invisible to the eye.

街が様変わりして表面的には過去につながるものが一掃されてしまったとしても「その土地の記憶や歴史」は「目には見えないが確かにそこにある」のではないだろうか。